広島市の不動産・売買・賃貸 「GOOD TOMORROW(株式会社グッドトゥモロー)」

グッドな明日をあなたへ。

GOOD TOMORROW RENT グッドトゥモロー ブログ
グッドトゥモロー ブログ

2021/12/16

ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業補助金を受けるための条件と申請の流れを解説!

近年は、環境問題を改善するために、消費するエネルギーを少なくする「省エネルギー」という考え方が日常生活において、広範囲で浸透しています。

日本では東日本大震災が発生した頃から、住宅に「省エネルギー」だけでなく、消費する分のエネルギーを創造する「創エネルギー」という新たな考え方が注目されるようになりました。

そんな「省エネルギー」と「創エネルギー」を兼ね備えた住宅のことを「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)」といいます。通称「ZEH(ゼッチ)」です。

経済産業省では「ZEH(ゼッチ)支援事業」を掲げており、条件を満たせば補助金を受けることができます。

今回は、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」について、補助金を受ける条件や申請の流れについて詳しく見ていきましょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの特徴は?

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH・ゼッチ)」とは、太陽光発電システムの導入や省エネ家電などによって、家庭で使うエネルギー量を減らしながら、同時にエネルギーを創り出すことができる住宅のことをいいます。

家庭で使用するエネルギーの使用量と再生可能なエネルギーを創造する量がほぼ同じになり、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになるので、「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」と名付けられました。

「ZEH(ゼッチ)」のメリットは断熱性や気密性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かいため、ヒーターやエアコンを使わなくても、一年中快適な室内環境を維持することができます。

外界の断熱性能を大幅に向上させて、大幅に省エネルギーを実現するので、月々の光熱費を大幅に削減できる点も嬉しいポイントです。

太陽光発電によって、再生可能なエネルギーを創造して、そのエネルギーを売電をすることで副収入を得ることができます。

また、地震や台風といった自然災害の発生に伴う停電の際には太陽光発電や蓄電池を使えば、非常時でも快適に過ごすことができるのです。

断熱性能に優れた「ZEH(ゼッチ)」は多くの健康メリットも注目されています。

年間を通じて室内の気温が一定しているため、急激な温度変化が引き起こすヒートショックなどの心筋梗塞を防いだり、結露やカビの発生を抑えるといったメリットが挙げられます。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業とは?

平成30年7月に閣議決定されたエネルギー基本計画において、「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とされる政策目標が設定されました。

政府は「ZEH(ゼッチ)」の普及に力を入れており、「ZEH」を購入した方、あるいは「ZEH」をリフォームする方を対象に補助金を交付しています。

参考サイト:【環境省戸建ZEH】令和3年度 環境省によるZEH補助金
https://sii.or.jp/moe_zeh03/

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業補助金を満たす条件

続いて、「ZEH(ゼッチ)」として補助金を受け取る条件について見ていきましょう。

いくつかの条件がありますが、必須条件は「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ」の3つです。

1)経済産業省が定めたZEHの指針である「ZEHロードマップ」にある「ZEHの定義」を満たしていること。

「ZEHの定義」には高性能な躯体、断熱基準、省エネ設備、太陽光発電システムといった創エネシステムについて細かく定められています。

まずは、住宅や住宅設備(暖冷房・換気、給湯、照明)における住宅設備の省エネルギー性能を向上させて、消費するエネルギーを削減することが挙げられます。

地域ごとに定められている断熱性能の条件、省エネ基準の中にある「強化外皮基準」を20%以上強化した数値がZEHにおける基準です。

他にも、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムが導入されており、年間で消費するエネルギーと創出するエネルギーの差がゼロ以下であることが条件です。

2)「SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)」に登録されたZEHビルダーが設計・建築・販売まで一貫して作られた住宅であること。

「ZEH(ゼッチ)」として認められて補助金を申請するには、SIIという団体に加盟している施工会社(ZEH認定ビルダー)に依頼する必要があります。現在、全国に7,000社以上あります。

ZEH補助金事業の適用を受けるためには、「ZEH認定ビルダー」であるハウスメーカーや工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者から選ぶ必要があります。

申請自体も「ZEH認定ビルダー」が行いますので、公募期限内にZEH補助金の申請と期限内に工事代金を支払い、余裕を持って進めるようにしましょう。

参考サイト:ZEHビルダー/プランナー(フェーズ2)一覧 | ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業 | SII 一般社団法人 環境共創イニシアチブ
https://sii.or.jp/zeh/builder/search/

リフォームでもネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業補助金の対象になる?

リフォームでも環境に優しい「ZEH(ゼッチ)」を作ることができ、支援事業補助金の対象となります。

新築でもリフォームでも「ZEH(ゼッチ)」として補助金を受け取る条件は、先程述べた断熱性能、住宅設備、発電システムといった同じ項目です。

リフォームする際にもSIIが認定している「ZEH認定ビルダー」から業者選びをする必要がありますので、実績があり、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業補助金を申請する際の注意点

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業補助金申請は公募形式となっていて、申請すれば誰でも補助金が受けられるものではありません。

ZEH支援事業の補助金は国が予算を決めて実施しており、抽選で交付者を決定し、審査に通過した方のみが対象となりますので、ご注意ください。

ZEHの補助金を受け取れる時期は、完成してから3か月後から半年後が目安となります。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業補助金の申請方法

では、申請手続きの流れを見ていきましょう。

1)「ZEH認定ビルダー」に相談する

ZEHの事業を国とともに推進している「一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)」に加盟している「ZEH認定ビルダー」という施工会社のみ、ZEHを建築することができます。

2)住宅プランの決定

「ZEH認定ビルダー」の中から、信頼できるビルダーに相談し、予算・間取り・住宅設備などの条件にあった住宅プランを決めていきます。

3)ZEH補助金を申請する

ZEH補助金を実際に申請するのは「ZEH認定ビルダー」です。ZEHビルダーが申請書類を作成しますので、施主は書類にサインをして、印鑑証明を用意するだけです。

ZEH補助金が交付されると決まったら、着工して、住宅が完成後に施主は補助金を受け取るという流れになります。

まとめ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は高気密・高断熱で快適な上に、エネルギーも創れるといった理想的な住宅と言えます。

従来の注文住宅よりも建築費用が高くなりがちですが、国から補助金を得られたり、太陽光発電システムの余剰電力を売電して収益化できるので、十分に検討する価値があります。

これから住宅の建設やリフォームを検討される方は「ZEH住宅」を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

過去にチェックした物件

    チェックした物件はありません

page top