広島市の不動産・売買・賃貸 「GOOD TOMORROW(株式会社グッドトゥモロー)」

グッドな明日をあなたへ。

GOOD TOMORROW RENT グッドトゥモロー ブログ
グッドトゥモロー ブログ

2023/01/17

広島市で土地探し!0円物件・無償譲渡とは?タダの理由を解説

マイホーム購入のために土地探しをしている時に、「0円物件」、「無償譲渡物件」という表示をみて「なぜ無料なの?」と不思議に思っていませんか?
実際に、少子高齢化社会の影響によって「タダでも良いから土地や建物を手放したい」という物件が全国的に増えているのです。

そこで今回は、0円物件・無償譲渡が増えている背景とタダになる理由、そして広島市で無料の土地を入手するメリット・デメリットについて解説していきます。

広島市の土地が0円物件・無償譲渡が増えている背景

最近、ネット上に「0円物件」、「無償譲渡物件」と記載がある物件を見かけることはありませんか?それらは、その名の通り、土地・建物価格が無償で譲渡される物件のことです。

広島だけでなく全国的に「0円物件」、「無償譲渡物件」が増えている背景としては少子高齢化によって、人口・世帯数と比べて住宅数が多くなっていることが挙げられます。

多くの若者は地方から都市部へ引越し、都市部は人口が増えていますが、地方や過疎地域は人口が急速に減り続けています。

親から不動産を相続しても、土地活用する予定がなく、手放したいと思っても、全ての相続を放棄する場合は不動産だけでなく、他のプラスの資産も放棄せざるを得ません。

不動産は所有しているだけで固定資産税・都市計画が発生する上に、誰も住んでいない空家の場合は、定期的に換気して空気を入れ替えたり、老朽化が進まないように修復する手間もかかります。

地方の土地や空き家を売却しようとしても高くは売れず、なかなか買い手が見つからないケースが多いです。実際に、全国の空き家の数は年々増え続けると予想されています。

では、空き家を解体すれば良いのでは?とお考えになるかもしれませんが、一般的な木造住宅の解体費用の相場は約150万円と高いため、売却してもマイナスになる可能性が高いのです。

こういった背景から、「地方の土地・空き家を無償でも良いから手放したい」と考える方が増えているのです。

0円物件・無償譲渡の主な活用事例

「0円物件」、「無償譲渡物件」を譲り受けて何か使い道があれば、受け取るメリットはあります。ここからは、どんな活用方法があるのか事例をご紹介しましょう。

・自宅にする
・民宿、ゲストハウスなどの宿泊施設を運営する
・シェアオフィス、コワーキングスペースを運営する
・福祉施設を運営する
・トランクルームを運営する

「0円物件」、「無償譲渡物件」の使い道は人それぞれですが、自宅として住む他にも、宿泊施設にしたり、職場や店舗ビジネスに活用されるケースが多いようです。

近年は、コロナ化によって自由な働き方をする若者が増えており、地方では自然豊かなゲストハウスやシェアオフィスで仕事をし、休日はキャンプなどを楽しむ人も増えています。

土地が広い古民家をリノベーションして民泊や旅館などの宿泊施設にしたり、運営を代行してくれる会社に依頼すれば、都市部に住みながらサイドビジネスを運営することも可能です。

また、超高齢化が進む地方では福祉施設のニーズは高いため、設備を導入して介護士や介助士の求人をしながら介護ビジネスを運営する事例もあります。

広島で0円物件・無償譲渡の土地を手に入れるメリット

ここからは、広島市で0円物件・無償譲渡の土地を手に入れるメリットについてみていきましょう。

・無料で手に入る
・補助金を利用できる自治体もある
・のんびりした田舎暮らしができる
・初期費用を抑えてビジネスを始められる

0円物件・無償譲渡の土地を手に入れる最も大きなメリットは無料であること。土地と建物がタダの物件もありますので、浮いたお金でリノベーションするもの良いでしょう。

そして、自治体によっては空き家対策と地方の定住化を図るために補助金制度や優遇制度を用意しているところもありますので、自治体のホームページを要チェックです。

マイホームは自然豊かな地方でのんびりと田舎暮らしをしたいというご家族にとっては、0円物件・無償譲渡物件を入手する選択肢もあります。

仕事と住まいは都市部が良いけれど、週末や大型連休には田舎の別荘でゆっくりしたいという方も0円物件・無償譲渡物件をチェックしてみると良いでしょう。

その他、地方で民泊などの宿泊施設、賃貸経営などに興味がある方も、0円物件・無償譲渡物件の中から探すと良い物件が見つかるかもしれません。

広島で0円物件・無償譲渡の土地を手に入れるデメリット

次に、広島市で0円物件・無償譲渡の土地を手に入れるデメリットを要チェック。

・税金(贈与税、登録免許税・不動産取得税、固定資産税・都市計画税)がかかる
・リフォーム費用がかかる
・老朽化が激しい物件は建物維持費がかかる
・住宅の瑕疵について免責の場合が多い

0円物件・無償譲渡物件はタダとは言っても、様々な税金が発生するので注意が必要です。

譲渡手続きや書類の作成、契約手続き(無償譲渡契約または贈与契約)、司法書士への登記申請依頼などは自分で手配する必要があるため、手間と時間がかかるのもデメリット。

その他に、無償譲渡物件は住宅の瑕疵について免責の場合が多い点には注意が必要です。万が一、大きな住宅の瑕疵が見つかっても前の所有者は責任を負わないルールです。

そしてあまりに老朽化が進んでいる物件はリフォーム・リノベーション費用がかかりすぎて新築並みの値段になったり、古い設備の場合は建物維持費もかさみますので要注意です。

広島市で0円物件・無償譲渡の土地を見つける方法

最後に、広島市で0円物件・無償譲渡の土地を見つける方法をみていきましょう。無償の不動産物件は郊外や地方の空き家がほとんどで、地方自治体の専門部署が窓口となっています。

広島の無償譲渡物件を探すには以下のホームページで探したり、インターネットの掲示板、もしくは知り合いや地元の人に紹介してもらう方法もあります。

ひろしま空き家バンク みんと。

まとめ

今回は、0円物件・無償譲渡がタダの理由をみていきました。不動産の無償譲渡物件を入手される場合は、税金や各種費用の出費なども考慮した上で、実際にやり取りを進めるようにしましょう。

過去にチェックした物件

    チェックした物件はありません

採用
情報
page top