広島市の不動産・売買・賃貸 「GOOD TOMORROW(株式会社グッドトゥモロー)」

グッドな明日をあなたへ。

GOOD TOMORROW RENT グッドトゥモロー ブログ
グッドトゥモロー ブログ

2023/01/21

【2023】広島でマイホームを購入したい!新築一戸建ての相場はどれくらい?

2023年は広島市で新築一戸建てを購入したい!とお考えですか?一戸建て購入でやっぱり気になるのは値段ではないでしょうか。一戸建て購入には物件価格の他にも諸費用も発生します。

大体の相場が分かれば、マイホーム購入予算を立てやすいですね。そこで今回は、広島市で新築一戸建ての価格相場について解説していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

広島市の新築一戸建てが人気の理由

中国・四国地方の中では、最大規模の都市である広島市は大型商業施設や文化施設が多く立ち並ぶ都会ライフを満喫することができ、交通機関が充実しているので移動手段がスムーズ。

そして日常生活の中では「平和記念公園」や「広島植物公園」といった豊かな自然に囲まれているので、休日には緑豊かな風景に親しんだり、海や川でのアウトドアも楽しめます。そんな都会と自然のバランスの取れた広島市は子育て支援や男性の育児休暇取得を推進しており、マイホームを広島で手に入れたいと考えるファミリー層は多いです。

ファミリー全員が住みやすく、食や文化が豊かで気候も良い住環境を求めている方は、広島市で新築一戸建てを検討する価値は十分にあるでしょう。

広島市で新築一戸建てを購入するメリット

広島市で新築一戸建てを購入するメリットは以下の点が挙げられます。

・同じ価格のマンション物件よりも床面積が広い
・2階以上の物件が多く、室内が広々している
・管理費や修繕積立金がかからない
・駐車場代もかからない
・近隣住民との騒音トラブルが少ない(子供が走る音など)
・マンションのように管理契約によって自由を制限されない
・ペットの種類や数も自由
・リフォーム・リノベーションも自由自在

マイホーム購入の際にはなるべく長く住める物件を考える方が多いかと思いますが、一戸建てはマンションよりも広々とした空間の中で自由な暮らしができるのが魅力です。

多くの住民が集まるマンションと違って管理契約のルールがなく、ライフスタイルに合わせて間取りや設備を変えてリフォーム・リノベをしたり、売却することも可能です。

そして、広島市の土地は資産価値が落ちにくい特徴がありますので、新築一戸建てが30年後に古くなっても、土地面積が広い一戸建ての価格は下がりにくいというメリットがあります。

デメリットはほとんどありませんが、定期的なメンテナンスをする必要があること、そしてマンションのように管理人がいないため、玄関や窓の施錠、防犯対策を行うことが大切です。

広島で新築一戸建ての相場はどれくらい?

では早速、広島市で新築一戸建てを購入する場合の相場はどれくらいか見ていきましょう。

広島市の新築一戸建ての相場・建売住宅       3,400万円
・土地付きの注文住宅  4,200万円

広島市で新築一戸建てを購入するには3,000万円〜4,500万円くらいが目安となっています。
ただし、一戸建ての相場は立地や住宅の販売会社、住宅の建材によっても変わります。

例えば、1,000万円台のリーズナブルな戸建てもあれば、こだわりの注文住宅の場合は1億円近くになることもありますので、実際の一戸建ての相場はかなり幅広いです。

最近は、注文住宅を安く抑える方法として、住宅の建材や構造をシンプルにして、相続した土地を活用して1,000万円程度で施工できるケースもありますので、ケース・バイ・ケースです。

新築一戸建ての相場は予算と計画によって幅広い選択肢がありますので、まずは優先すべき設備や外装など、こだわりポイントを明確にして予算感を決めていくと良いでしょう。

広島市で新築一戸建てを購入する頭金・諸費用は?

広島市で新築一戸建てを購入する場合、頭金の支払相場は物件価格の10%〜20%が目安となります。それは、住宅ローンの融資可能額は物件価格の80%〜90%が多いためです。

そして新築一戸建て購入には土地や建物代金以外にも各種諸費用が必要です。諸費用の相場は物件価格の約5%〜10%となっており、項目は以下の通りになります。

・2,800万円の一戸建てにかかる諸経費  168万〜252万円
・4,000万円の一戸建てにかかる諸費用  200万円~400万円

▽新築一戸建て購入にかかる諸費用・手付金
売買契約の際に支払うお金
相場は購入代金の5~10%程度

・固定資産税・都市計画税
毎年一月一日時点で不動産の所有者が支払う税金
固定資産税評価額という建物の評価額の1.4%

・登記費用
法務局の不動産登記簿に権利者の情報を登記する費用
※司法書士への依頼費用も必要

・印紙税
不動産の売買契約書に貼る税金「収入印紙」

住宅ローンを借りるために金融機関に払う諸費用
※融資手数料、保証会社に支払う保証料、火災保険料

・不動産取得税
不動産取得にかかる税金

・仲介手数料
不動産会社に支払う手数料
売買価格の3%が相場

・申込証拠金
建売や分譲戸建ての購入申し込みにかかる費用

広島市の新築一戸建ての相場は販売会社や住宅の建材によっても異なる

新築一戸建ての相場は、住宅を販売する会社やハウスメーカーが施工する建材や製品に酔っても値段が変わってきます。

一般的にテレビCMでもおなじみの大手ハウスメーカーの一戸建ては、原価コストを低く抑えて大量生産するため、坪単価30万円〜90万円くらいが相場です。一方で、地元密着で営業している工務店は希望の間取りや内装・設備などを実現しやすく、こだわりの住宅を手に入れることができます。坪単価の相場は50万円〜と幅広くなります。

近年は低価格で新築一戸建てを施工するパワービルダーもに人気です。立地は駅から遠かったり、変形地などに住宅を建てて、相場よりも安い価格で分譲しています。

このように、新築一戸建ては販売会社によっても値段が変わりますが、それだけでなく、一戸建ての相場は素材によっても変わってくるのです。鉄骨の平米単価は45万円〜70万円、木造は40万円〜60万円程度です。

まとめ

土地の値段が下がりにくい広島市は新築一戸建てを購入するメリットは多くおすすめです。

マイホーム購入のご相談、物件探しは広島で取引実績多数の不動産会社「グッドトゥモロー」までご相談くださいませ。

過去にチェックした物件

    チェックした物件はありません

採用
情報
page top