広島市の不動産・売買・賃貸 「GOOD TOMORROW(株式会社グッドトゥモロー)」

グッドな明日をあなたへ。

GOOD TOMORROW RENT グッドトゥモロー ブログ
グッドトゥモロー ブログ

2021/12/23

理想のマイホーム!中古物件購入+リフォームの流れとスケジュール


最近は、新築の注文住宅をするよりも、リーズナブルな中古物件を購入して、リフォームをする方法でマイホーム入手を計画されている方が増えています。

「中古物件+リフォーム」をすれば、予算を抑えて理想的な家造りができるとあって、人気があるのもうなずけます。

そこで今回は、「中古物件+リフォーム」でマイホームを入手したい方に向けて、全体の流れとスケジュールについてご紹介しましょう。

中古物件+リフォームの流れをおさえよう

「中古物件+リフォーム」を検討されている方は、通常の物件探しと比べると、リフォーム工事が入るため、若干段取りが複雑になります。

そこで、全体の流れが頭に入っていると、スムーズな段取りになりますので、ぜひ押さえておきましょう。

ステップ1)資金計画と物件探し

まずは、マイホーム入手に向けて、どれくらいの予算を組むか、資金計画をすることから始めます。中古マンション・一戸建てにかけられる費用、リフォーム費用を決めておきましょう。

予算の総額が決まったら、不動産会社に行き条件に合った物件を探します。担当者に「リフォームすることを前提に中古物件探しをしている」と伝えましょう。

中古マンション・一戸建ての物件探しは、自分でネット検索して見つけることもできますが、
物件の購入とリフォームの両方を手伝ってくれる仲介会社へ行くと、個別に相談可能です。

例えば、ワンストップサービス型の仲介会社であれば、物件購入とリフォーム費用も合わせた資金計画を提案してくれて、物件を購入する前にリフォーム会社が確認してくれるので安心。

通常は、不動産会社に先に相談をしますが、マイホームのイメージが固まっている場合は、初めにリフォーム会社を訪れて、相談しながら一緒に物件を見てもらうという方法もあります。

気になる物件は実際に現場へ見学に行きましょう。まだ住人が住んでいる物件の場合は見学に予約が必要になります。

ステップ2)物件を決める・同時に住宅ローンを決める

不動産会社へ行き、物件の見学をしていると、候補となる物件が絞り込まれていきます。物件のことで分からない点は、不動産会社の担当者に確認しておきましょう。

物件を決める際には日当たりや水まわりの使いやすさ、周辺環境といった基本的なチェックポイントの他にも、リフォームのしやすさを確認する必要があります。

中古マンションの注意点としては、管理規約や使用細則によって、リフォーム工事に制限が設けられているケースがありますので、担当者に確認することが大切です。

ワンストップサービス型の仲介会社では、リフォーム工事の担当者に現地へ同行してもらい、
建物の耐震性能、雨漏りなど修繕が必要な箇所があるか診断してもらうことができます。

住宅ローンを利用する場合は、物件選びと同時に住宅ローン選びも進めましょう。

「中古物件+リフォーム」をするには「住宅ローン」と「リフォームローン」が合わさった「一体型ローン」を利用すると、低金利で長期間借入が可能となり、負担が軽減されるのでおすすめです。

ステップ3)売買契約の締結

不動産売買契約を交わします。住宅ローンを利用する場合は、不動産売買契約のあとに金融機関と住宅ローン利用の各種手続きを済ませておきます。売買契約・決済・物件の引渡しが完了したら、リフォーム工事へと進みます。

ステップ4)現地調査とリフォームのプランを決める

物件をどのようにリフォームしたいのか、リフォーム会社と現地調査をして、リフォーム工事の見積もりを依頼します。

例えば、床材や壁紙の種類を変えたり、水回りの設備を変更したり、間取りや窓の大きさを大幅に変えるなど、リフォーム内容に応じて見積もりを出してもらいます。

ワンストップサービス型の仲介会社であれば、物件探しと同時にリフォームプランを立てることができるので、時間が短縮されるのがメリットです。

ステップ5)工事請負契約の締結・リフォーム工事開始

リフォームプランが決定したら、リフォーム会社と工事請負契約を交わします。住宅の設備など詳細を打ち合わせしながら着工に入ります。

ステップ6)工事完了・引き渡し

リフォーム工事完後に最終的な引渡しとなります。いよいよマイホームへ引っ越しです。

まとめ

今回は、最近人気の高い「中古物件+リフォーム」の段取りについて見ていきました。

注意点としては、中古物件のリフォームは物件が引き渡しされた後でなければ、リフォーム工事の着手ができません。

マイホーム入手をスムーズに進めるためにも、物件が引き渡されたら、すぐにリフォーム工事に着手できる状態にしておくことが大切です。

過去にチェックした物件

    チェックした物件はありません

page top