広島市の不動産・売買・賃貸 「GOOD TOMORROW(株式会社グッドトゥモロー)」

グッドな明日をあなたへ。

GOOD TOMORROW RENT グッドトゥモロー ブログ
グッドトゥモロー ブログ

2021/01/04

マンション・戸建て購入!新築と中古のメリット・デメリットを比較

初めてのマンションや戸建てを購入する際に悩むことは「新築と中古のどちらにするか」という点ではないでしょうか。

新築物件よりも中古物件は安くて魅力的ですが、諸費用やリノベーション費用も気になるところです。

この記事では、これから不動産購入する方に向けて新築と中古のメリット・デメリットを比較します。

新築マンション・新築一戸建てを購入するメリット

マンション・戸建てを新築で購入するメリットを見ていきましょう。

住宅設備が新品

新築の最大のメリットは、床・天井・壁や住宅設備がすべて新品のため、痛みの心配がないこと。

新築で購入すれば、20年後も築20年ですから、建物の劣化の修繕や共用部分にかけるコストは抑えられます。

新築マンションの場合は、床暖房・カードキー・LED照明・ディスポーザーなど、最新の設備が備わっている物件も多いです。

新築の場合は、設備のグレードアップも自由に決められるのがメリット。

減税される

新築の場合は、住宅ローン控除、不動産取得税、固定資産税の軽減措置(適用要件あり)があります。

毎年支払う固定資産税は、新築から当初3年間、マンションは5年間は半額になる特例が受けられます。

所有権を登記する際の登録免許税は、建物にかかる税率が中古よりも新築のほうが低くお得です。

住宅購入の優遇制度は住宅ローン控除の他にも優遇が多いのがメリット。

階数や間取りの選択肢が豊富

新築の場合は、マンションも戸建ても階数や間取りの選択肢が豊富です。

コミュニティが新しい

新築分譲マンションの場合は、コミュニティも新しく、比較的馴染みやすいのがメリットです。

新築マンション・新築一戸建てを購入するデメリット

マンション・戸建てを新築で購入するデメリットを見ていきましょう。

価格が高い

新築マンション・新築一戸建ては中古よりも価格が高くなるのがデメリットです。

新品の建物や設備となるので当然高くなりますが、中古よりも割高になることがほとんどです。

新築の場合、不動産会社が売主となるため、広告宣伝や人件費も価格に上乗せされています。

購入後の価格下落幅が大きくなる

新築マンション・新築一戸建ては購入した後に不動産価値の下げ幅が大きくなります。

完成後にイメージと異なることがある

中古とは異なり、新築の場合は未完成の状態で購入を決めることが多いです。

日当たりや眺望などが購入前のイメージとは異なる場合があります。

新築マンションの場合はモデルルームを見て決めることも多く、必ずしもイメージ通りとは限りません。

中古マンション・中古戸建てを購入するメリット

マンション・戸建てを中古で購入するメリットを見ていきましょう。

価格が安い

新築と比べると中古マンション・戸建ては価格が安く、購入後の価格下落幅も小さいのがメリット。

ただし、不動産会社が個人から買い取り、リフォーム後に販売する買取再販の場合は、販売経費が価格に上乗せされています。

修繕積立基金や水道負担金が不要

中古の場合は、新築のような修繕積立基金や水道負担金がかからないのはメリット。

中古で買う人は、建物を修繕したり水道を使えるようにする費用の負担はありません。

実物を見て決めることができる

中古の場合は実物がすでにある状態ですから、実際に目で確かめてから購入を決めることができます。

部屋の広さ、眺望や日当たりも確認でき、入居後のイメージが湧きやすいのです。

共用部分の掃除が丁寧かどうか、管理組合や近所の様子も確認できるのがメリット。

住宅ローン控除がある

住宅ローン控除、不動産取得税の軽減措置(適用要件あり)があり、売主が個人の場合は、消費税はかかりません。

立地条件がよい物件が多い

中古の場合は駅から近く、比較的立地条件がよく、暮らしやすい物件が多く揃います。

中古マンション・中古戸建てを購入するデメリット

マンション・戸建てを中古で購入するデメリットを見ていきましょう。

建物や設備が古い

中古は建物や設備が古いため、リフォーム費用や修繕費用のコストがかかります。

物件によっては最新の設備は設置できない場合もあり、自由度が制限されることもあります。

例えば、新築で人気のある生ゴミディスポーザーは新築時に設置する必要があります。

築年数や管理状態によっては劣化が進み、思った以上にリフォーム費がかさむことも多いです。

仲介手数料がかかる

通常、新築マンションでは仲介手数料はかかりませんが、中古の場合は仲介手数料がかかります。

例えば、物件価格が4,000万円の中古マンションの場合、仲介手数料は136万円程度となります。

ただし、新築には中古に不要な修繕積立基金がかかるため一概にはどちらが安いとは言い切れません。

既存のコミュニティに馴染めるか

中古の場合はすでにコミュニティが形成されており、馴染めるかどうかも住みやすさに影響します。

戸建ての場合も近所付き合いもしやすいかどうか検討してから決めることが大切です。

まとめ

新築と中古はどちらがお得で、どちらが住みやすいかどうかはケースバイケースです。

中古の場合はリフォーム費用を加味した上で検討する必要があるのは間違いありません。

お悩みの方は不動産会社に相談してライフプランに合わせて決断することが大切です。

過去にチェックした物件

    チェックした物件はありません

page top